妊娠線が出来始めるのはいつ頃なのか?治るものなのか?

妊娠をすることでつきものになってくるのが妊娠線の存在です。妊娠線というのはいつごろから出来始めるのでしょうか。そして出来てしまった妊娠線というのは治るものなのでしょうか。
初めての妊娠の場合などは妊娠線について分からないこともあるかと思います。
今回は妊娠線について色々な目線でお話ししていきます。

 

妊娠線はいつ出来始める?

妊娠線は一体いつ頃からあらわれてくるものなのでしょう。それを知るためには、妊娠線がどうしてできてしまうのかを知ることが大切です。妊娠線が出来てしまう原因はお腹の中の赤ちゃんが大きくなっていくことで皮膚が伸びていくことです。

 

皮膚の表面の表皮は伸びていくことができるのですが、皮膚の内部にある真皮や皮下組織はスムーズに伸びていくことができません。なので伸びることが限界になると断裂してしまって亀裂ができます。それが妊娠線となります。

 

真皮は表皮と比べると硬くて厚みがあるので割れやすのです。
ということは妊娠線ができ始めるのは表皮がこれ以上伸びられないとなったときです。簡単に言ってしまえばお腹が大きくなりはじめれば妊娠線ができる可能性がいつだってあるということです。一度できてしまった妊娠線は治るものなのでしょうか。

 

出来てしまった妊娠線は治る?

妊娠線は一度できてしまったら完全に治るということはありません。
妊娠線ができる真皮は表皮と違ってターンオーバーを頻繁に繰り返していないのです。そのため、一度断裂してしまった真皮が完全に再生するということができないのです。

 

しかし、妊娠線は限りなく薄く目立たなくさせていくことはできます。完全に治るということはありませんが、しっかりとケアをしていくことで薄く消していくことはできるのです。

 

妊娠線の予防方法

まずは妊娠線を予防していく方法を紹介していきます。妊娠線の予防は妊娠線が出来始める前から行っていく必要があります。

 

妊娠初期の早いうちから始めていきましょう。妊娠線の予防で使用するのはクリームやオイルなどの保湿ケア用品です。

 

妊娠線の予防で重要になるのが、保湿力です。肌の奥までしっかりと保湿をしていくことで、柔らかくて弾力のある肌へとしていきます。
妊娠線の予防はお腹だけではなくて、太ももやお尻周りもしていきましょう。毎日、朝と夜にクリームを塗ってマッサージをしていきます。

 

妊娠線のケア方法

出来てしまった妊娠線のケア方法も予防をするときと同じで保湿が重要になります。妊娠線のケアをしていくときは、出来てしまった妊娠線に効果を発揮する妊娠線クリームがおすすめです。妊娠線に直接働きかける有効成分が作用して肌の再生を促すことで妊娠線を薄くしていく効果があります。

 

妊娠線クリームの選び方

妊娠線クリームは主に、妊娠線が出来始める前から使い始める「予防するためのクリーム」と出来てしまった「妊娠線のケア」で使っていくクリームの2つに分けられます。どちらにも共通していることは美容成分が豊富に含まれていて浸透量と保湿力が高いということです

 

妊娠線クリームを選んでいくときは、保湿力や含まれている成分をしっかりとチェックしましょう。そして肌に優しいクリームを選んでいきましょう。無理のない金額のコスパの良いものがおすすめです。

 

妊娠線で後悔しないように

妊娠線が出来てしまって後悔しないようにするために、しっかりと予防をしていきましょう。妊娠線が出来始める前から予防を始めて、もしも妊娠線が出来てしまった場合でも諦めずにケアを続けていきましょう。妊娠線は治るものではありませんが、根気よくケアを続けていくことで必ず効果を発揮します。大切なのは継続なのです。